不思議な第三惑星

なんでも知ってるつもりでも 本当は知らないことがたくさんあるんだ

過保護のカホコをミタ

今夜は娘4歳が不在、

カミさんは実家から帰ってきたが、

娘はそのまま、カミさん実家にお泊まり、

甥っ子、姪っ子達と一緒だから楽しいようで、

「帰りたく無い」と言ったんだそうだ。

嗚呼、娘ちゃんよ、、、

と、いうわけで、今宵は娘は不在。

僕が出張で家を空ける事はあっても、家に娘がいないのは生まれて初めてだ。

寂しい、とても、寂しい、猛烈に寂しい。

 

父ちゃんの栄養源は、娘ちゃんだ。

栄養源をかれこれ4日間も摂取できてない、

そしてあと3日間も栄養取れない予定。

なかなか辛い、、いや、かなり辛い

 

そんな気持も落ちる暗い日曜日

昨日から微熱続き関節も痛く、まだまだ風邪模様。

一日中、家に籠り、外に出る事はなく過ごす。

寝続けるのも辛く、かねてから気になっていた『過保護のカホコ』をHuluで5話分、一気観。

ホントは、まぁ面白ければ続きも観るかもって、感じで、視聴な気分で観たんだけど、、これが面白かった。

こんな面白い作品作るの誰だろ、って脚本書いた人見たら、遊川和彦だった。

なるほど、、また違う切り口で、家族の問題と向き合うわけですな。

なんだかんだと、俺、この人のドラマ観ちゃってるわ。家政婦のミタ、偽装の夫婦やら。

今回は全体のトーンは、コメディタッチなので観やすいです、

高畑充希さんはお芝居上手いし、カホコ似合ってて可愛らしいし、そりゃ過保護になるわ。

若干、気になるのは、過保護の親の役に黒木瞳、その親が三田佳子っていう、どういう気持ちで観ればいいのかわからないキャスティングが気にはなるけど、オススメなので、観てない人はHuluあたりでどうぞ。

 

このドラマ観てて思ったよ、

子育ては大変、親子の関係ってのも大変。

家族の問題は根が深い、、

そして、それぞれ自分の考えもある、難しい。

 

どうしても感情移入しちゃうのは、父親役の時任三郎。娘を溺愛してて少し過保護で、

でも、ホントは心の中で思ってる気持ちのわだかまりもある。

家族に怒った時の気持ち、俺はとてもわかる。

でも、言われた2人はキョトンとしてたじゃん。

そうなんだよね、自分だけがそう思い込んでるだけというか、相手はそんな事、気にしてなかったりするんだよね。

 

まだまだ小さいうちの娘も、カホコくらいの歳になるんだよなー、

どう成長していくんだろうな、、

楽しみのような心配なような、、

うーん、やっぱり親は過保護になっちゃうわよね。

 しばらく子離れ出来そうにありません。

早く娘ちゃんに会いたい。

ウチハカレーヤジャナイ

かつて、ウチハソバヤジャナイという舞台があった、

普通のご家庭がなぜかそば屋に間違われて注文の電話が来るというコメディ

ハートフルなものでもなく宇宙人とかも出て来るのでタイトルはあんまり関係ない。

そんなナイロン100℃の舞台、僕は本多劇場で見た覚えがある。

大画面に映し出される萩原流行さんの顔に笑ったものである、

たしか脚本も持ってた記憶がある。

なんで持ってたのか、どこで買ったのか今はあんまり覚えていない。

ググってみたら1995年の上演履歴があった、22歳くらいの時なので、

おそらく青年座の研究生になる前の年、

ドトールでバイトしてた頃だろう。

あれは面白いので、もう一度再演して欲しいが、

ナイロンしかり大人計画しかし、皆、有名になっちゃって、

チケットはほとんど取れない状況である。

しかし、いつか沖縄にも呼びたい。

そして、そんな仕事を沖縄でやりたい。

大して芝居が好きでもない奴らが、演劇祭なんてやってるくらいなら俺がやる。

 

閑話休題...

 

さて、うちのオフィスの隣はカレー屋である。

前はイタリアンの店だったが、今はカレー屋である。

この店へやってくる客が、なぜか入り口を間違えてうちのオフィスに入ってくる。

日に1名〜2名は必ずくる、

ノックも無しで急に入ってくるので凄く驚くのだが、

そもそも、なぜ間違えるんだろう。

入り口に思いっきり弊社のロゴマーク + キャッチコピーが掲げられてるし、

ドアは透明なので、中でパソコンをパチパチしてる人も見える。

なんの会社かはわからないだろうけど、パッと見てオフィスだってのはわかる。

お隣のカレー屋は確かに看板がわかりづらい、開店した時からそれは思ってた。

しかし、店名だとか壁に書いてある文言とか見たら、ここだなってのはわかる。

多少、迷うのは許そう。しかし、ドア開けるかね?

あんた見てないよね?見てないのに、ドア開けるかね?

正直な気持ちとしては、僕はこういう人が「嫌い」である。

おっちょこちょいね、とかそんな風に笑ってあげれば良いんだろうけど、

なぜ目の前にある情報を収集して、そして考えない?Why?って思う。

いちいち怒る事じゃないって思うだろうし、

実際、日常過ぎて、いちいち怒ってはいないけど、

でも「嫌い」である、好きか嫌いかといえば「だんぜん嫌い」である。

しかし、世の中の人は、出されたサインを見逃すというセオリーは、

UIを考える上での鉄則であるので、想定内といえば想定内。

だけど、

ビビるのでドアは開けないで欲しいし、

仕事中なので、入ってこないで欲しい、ウチハカレーヤジャナイ

 

 

 

 

波よ聞いてくれ

最近ハマってる漫画「波よ聞いてくれ

面白い、かなり面白い。

確か、広瀬アリスが、アメトーークで話してたのを、

なんとなく覚えてて、Kindleストアをぐるぐる廻ってる時に見つけて購入。

ちょっとタッチが独特で見た感じはややホラー色強い感じもあって、

最初は絵に馴染むのが少し時間がかかったのだが、

1巻のストーリーがかなり面白くて、珍しく二度読み返して、

おもろいので2巻、3巻と一気に買って読んだ、Kindleで。

電子書籍は便利だ、思い立ったらすぐ変えるから。

ただ、使い過ぎないように、というか(僕が)お金が無いので、

Amazonの支払いに繋がっているVISAデビットに残高があれば、の話だが。

さて、どうやら、この話はまだまだ続くようで4巻が楽しみである。

 

この話、面白いので、

おそらく映像化されそうだけど、

できればテレ東あたりで濃いキャストでやってほしい。

顔はちょっと違うけど、なんとなく麻藤さんは、松尾スズキさんあたりにやってほしい。もしくはリリーフランキー

光雄は、濱田岳だな。

ミナレは、、該当者が浮かばない。

 

さて、肝心のストーリーですが、

あらすじとか書くの得意じゃ無いので、自分でググって探して下さい。

「舞台は北海道、カレー屋店員(しかしクビ寸前)の鼓田ミナレが、パワハラ魔物ディレクター麻藤の策略により深夜ラジオのDJに!」

と、まぁ、そんなところです。

面白いから読め!

とりあえずググって!

熱を出しても一人

最近、色々な事が起こりすぎて、状況をうまく認知できていないやうな気がする。

自分をもう少し気遣って欲しい、と考えたりもするのだけど、

それは自分本位な欲求からくるもので、

周りの人も其々思うところあるだろうし、

むしろ、周りに対して 煩い、厳しい、怖い、ウザイと、

ネガティブな印象を振りまいているのではないかなと心配になるし、

実際のところ、多分、そうなんだろう。

最近思うのは、自分は「冷静な判断が得意」と思っていたけれど、

渦中に立たされ、しかも自分に矢印が向くと、とたんに焦ってしまう、

気持ちが高揚してついつい激昂してしまう、

まぁ、所詮ダメな人間である。

 

さて、今日は熱発した。

正確には昨夜からだ。

なんとなく「熱発」と書いてみたが、

自分の普段使う言葉だと、発熱である。

沖縄の人は熱発というので、なんとなく使って見た感じである。

気になって辞書を引いて見たら

病気などのため体温が平常より高くなること。発熱。

と書いてあったので、どっちも同じ意味なんだろ。

さて、なぜ熱発したのかを考えてみた。

暑いから・疲れが溜まった・ストレスの賜物、

このあたりの原因が全部重なった、そんなところだろう。

と、こんな時には「あなた大丈夫?」と気遣ってほしいもんだが、

生憎、今日はひとり、、

「咳をしても一人」 と尾崎放哉の散文詩を思い出す。

咳は出てない、鼻水も出ていたが、風邪薬のおかげで止まった。

熱はまだ引かず、、、、(タイトルへ続く)